Blog


フジロック by Yasman
2011年8月18日, 9:45 AM
Filed under: yasman

フジロックに行ってきた。Cold Playが見たくて大雨だろうと予
測される中、「これはバイクは無理だな。」と決断して車で行っ
た。

そしたら道中、雨は一切降らず「なんだよ」と思いながら会場
に着いたらドバッと雨が降り出した。雨カッパに身を包み、せっ
かく車で来たのだから「イス」を持ってくればよかったと後悔
しつつも、Greenステージに向かう。

今回どうしても、Cold Playを見たかった。その理由は、一昨年
に始まった「Viva La Vida」のツアーにある。ブライアン・イー
ノプロデュースのアルバムで、出た時に聴いたが全く理解がで
きず、Summer SonicでCold Playのステージを見た。

その時、あのアルバムは、このステージの為にあったのだと実
感した。その後、EPが発売されて、アルバム構成の謎が解き
明かされ、再度日本ツアーでさいたまスーパーアリーナのステー
ジを見たときのアンコールにびびらされた。

すべてが繋がっていくということはこういうことなんだ、と。
この構成はどの時点で思い立ったものなのか、それとも偶然の
出来事なのか。とにかく興奮した。

それは自分の中でも始めての体験だったし、他にこんなことを
しているアーティストを俺は知らない。
そして、それからクリスマス曲が出たり、新曲の「Every Teardrop
is Waterfall」が発売される。

アルバムがまだ出ていないなかのフジロック、どういったパフォー
マンスをするのか、これから発売されていくものにつながって
いくのか、はたまた、ただの場つなぎライブなのか興味津々で
Greenステージを待った。

いつ聴いても音の良いJimmy Eat the world が終わり、ぶったま
げた演奏をしてくれたarctic monkeysのライブが終わった。

降り続いていた雨も上がり、Cold Playが始まった。古い曲と聴
いたことの無い新曲を織り交ぜながら、「Viva La Vida」など
過去のものと言わんばかりのパフォーマンスには圧倒された。
3曲目が終わるあたりからまた雨が降り出し、レーザービーム
が雨に反射して、それはそれは幻想的なライティングになり、
あまりの美しい光景に息を呑んだ。

そして、被災した日本を思ってか、アンコールでは「Fix you」
を歌い、新曲「Every Teardrop is Waterfall」とおまけの1曲
で締めくくられる。とにかく圧巻だった。これが、これから
どう展開されていくのかを見守りたいと思う。

しかし、雨はつらかった。こんなに雨ざらしの中にいたのは
人生初めてだった。今年も、ロッキンに行けないのが残念だ
けど、行けるものにはできるだけ参加して、感じたことをこ
こに記載したいと思う。

広告

コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中